この度は『迷ったら 楽しい方を えらぶのが いいと思う』にお越し下さり誠にありがとうございます。KIKU / 菊と申します。 2017年5月から、徒然な日常を拙い文章ながら綴っております。更新は不定期です。 もし記事について感じたこと・その他何か気付いたことがございましたら、コメントやスター等で交流いただけましたら有難く存じます。
ご清覧ありがとうございました。

Welcome to my blog.    I am Kiku.
If we are unsure what to do, I think it would be better to choose what we think is fun.   The title of my blog means this thought.    This blog has been updated irregularly since May 2017.   I am mainly writing about my daily life.
When you feel something or have an opinion about my articles, I would appreciate it if you could communicate with comments or Hatena-stars.    Thank you very much for reading my blog.

歡迎到我的博客    我是菊
如果我們不確定要做什麼,我認為選擇我們認為有趣的東西會更好    我的博客的標題說明了這個想法      此博客已從2017年5月不定期更新,我主要是寫關於我的日常生活
閱讀我的文章,如果您有感想或者意見的話,通過評論或Hatena明星,請一定要告訴我      謝謝您看我的博客


古今東西の名言 #3

今回はサミュエル・ウルマンが晩年になって創作した『Youth(青春)』の詩を紹介いたします。

こちらの詩が注目を集めたのは、マッカーサー元帥の執務室に飾られたことだったと伝えられております。(彼は友人のJohn W. Lewis氏よりこちらの詩を贈られて、座右の銘とされていたそうです。)

日本語訳はKIKUのお気に入りの岡田義夫氏の訳文を採用いたしました。長文となりますが、老若男女を問わずお読みいただけたら嬉しく存じます。

 

 Youth is not a time of life― it is a state of mind; it is a temper of the will,a quality of imagination, a vigor of the emotions, a predominance of courage over timidity, of the appetite for adventure over love ease.
 No body grows only by merely living a number of years; peoples grow old only by deserting their ideals. Years wrinkle the skin, but to give up enthusiasm wrinkles the soul. Worry, doubt ,self-distrust, fear and despair― these are the long ,long years that bow the head and turn the growing spirit back to dust.
 Whether seventy or sixteen, there is in every being's heart the love of wonder, the sweet amazement at the stars and the starlike things and thoughts, the undoubted challenge of events, the unfailling childlike appetite for what next, and the joy and the game of life.


  You are yang as your faith, as old as doubt ;
  as young as your self-confidence, as old as your fear;
  as young as your hope, as old as your despair.

 So long as your heart receives messages of beauty, cheer, courage, grandeur and power from the earth, from man and from the Infinite so long as your young.
 When the wires are all down and all the central place of your heart is covered with the snows of pessimism and the ice of cynicism, then you are grown old indeed and may God have mercy on your soul.

Given to MacArthur some years ago by   Jhon  W. Lewis.

It  is  based  on a  poem written by the late  Samuel Ullman  of  Birmingham,  Ala.

 

 青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心,こう言う様相を青春と言うのだ。

 年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。歳月は皮膚のしわを増すが情熱を失う時に精神はしぼむ。苦悶や、狐疑、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰(あたか)も長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。

 年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。曰く「驚異への愛慕心」空にひらめく星晨、その輝きにも似たる事物や思想の対する欽迎、事に處する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。


  人は信念と共に若く、疑惑と共に老ゆる

  人は自信と共に若く、恐怖と共に老ゆる

  希望ある限り若く、失望と共に老い朽ちる

 大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、偉力と霊感を受ける限り人の若さは失われない。

 これらの霊感が絶え、悲歎の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至ればこの時にこそ人は全くに老いて神の憐れみを乞う他はなくなる。

訳. 岡田義夫

 

KIKUのお友達のひとりに、卒寿を迎えてもなお、様々なことを意欲的に学んでいらっしゃるお方がおります。とても若々しく、自信と希望に満ち溢れており、何事にも前向きなお姿は、本当に素晴らしいと思います。

年齢を理由に何かに挑戦することを諦めてしまうことは、とても勿体ないことだと思います。我々もいつまでも健康な体若々しい心を持ち続けたいですね。